ウォーリー

ディズニー映画はあんまり見ないんですが、「ウォーリー」みました。ディズニーでは、あとは「カーズ」が好きです。
驚いたのが、ロボットなのに、表情やしぐさで心情が(心情?)が読み取れる所です。ウォーリーもお相手役のEVEも、言葉は少なく、動く箇所も少ないのに、どんな気持ちでいるかとか「あーわかるわかる」って思わせるとこがすごい。観る人の想像力にもよるんでしょうが、ロボットの恋はともかく、ロボットのツンデレなんて初めて見ましたよー。
 ウォーリーもイブも可愛いですけど、私が気に入ったのが、ウォーリーが汚した後を、必死で追いかけて掃除するちっさいロボットです。お前、可愛すぎるよ。少々おバカなトコも好きだ。
 いろいろメッセージはあるんでしょうけど、それは置いといて、ロボットたちの生き生きとした表現ぶりに心があったまったのでした。

 お友達からいただいた森博嗣の「Φは壊れたね」も読破致しました。sさん、メールできてなくてごめん^^;いや、ココ見てないか。
トリックは、スゲーと思いました。謎解き系の話はいつでもドキドキしますね。楽しく読めました。海月くん、カッコイイ。ただ、京極夏彦などで動機に重点を置いてミステリを読んできた私は、虚をつかれた感じになりましたが、これがこの作家さんの味のようです。でも大昔に「数学者は笑わない」を読んだときはこんな感じは受けなかったような。手元に今無いので比較しようがないんですが。

同時に、狼と香辛料の2巻を読みました。
これは、先にアニメを見ていたので買おうかどうか迷ったのですが、この人の文章が好きなので結局買いました。さらっとしていて、余計な修飾や、言葉の遊びに酔っている所が無くて好きです。理系の人だからかな。
私は、韻を踏んだり小細工したりするのが好きなので、そういう文章みると同族嫌悪で分析したりなんかして素直に読めないので、損だなぁと思います。


漫画で最近ハマっているのがアフタヌーン連載の「からん」
京都のお嬢様学校が舞台の柔道漫画ですが、主人公がかなりカッコ良いです。スポーツ系では、バレーボール漫画の「少女ファイト」なんかもなかなか面白いです。
あとは、「ヴィンランド・サガ」に、高校野球の「おおきく振りかぶって」も良いです。
そういえば、大昔にかなりハマっていた樹なつみの「花咲ける青少年」がアニメ化されるようですね。
びっくりですよ。なんで今更。実家に全巻あるんですが、今度帰ったら読み返してみたいと思います。
アニメは見られそうにないからなー。あと、ハガレンも再アニメ化らしいですね。これも見れないだろうなぁ。

それにしてもこの年で、こんなにヲタクでいいんでしょうか。まあいいや。もうどうでも。
[PR]

by esoracotton | 2009-03-31 13:24 | 映画  

<< 絵空cotton閉鎖について スカイ・クロラ The Sky... >>