バタフライ・エフェクト

DVDで「バタフライ・エフェクト」という映画を見ました^^
ものすごく面白かったです。自分的大ヒット!!
サイコ・サスペンスものなんですが、ラブストーリーでもあります。
去年の春上映されたそうなんですが、この映画、なんで無名?
なんで大ヒットしなかった!??
と疑問に思い調べると、どうも日本では上映した映画館が少なかったみたい・・・。
ほぇ(゚o゚)それはあまりにも、もったいなすぎるでしょ~う!!

「あの時ああしていれば」「別の選択をしていれば」→「こんなことにはならなかったはずなのに」
こういう誰でも一度は経験する人生のターニングポイント。幼い頃から記憶障害のある主人公は、特殊能力により、このターニングポイントに何度も何度も戻り、すべてをやり直そうとします。
愛する人をはじめ、自分の周りのすべての人が幸せな未来を作り出すために。

すべての人が幸せな未来、なんてないですよね・・・。
誰かの「不幸」があって誰かの「幸せ」がある。逆もまた然り。
誰かを幸せにしたい、と思えば、誰かを不幸にしなけばならない。
神様にだって、すべての人を幸せに出来てないのに、人間に出来るわけ無いんです。

愛する人たちの為に許されない行為をし続ける主人公には、やがて恐ろしい未来が訪れます。
そこで彼がとった行動は・・・・・・あぁ、これ以上かくとネタバレ(-"-;)

とにかく脚本、知的で素晴らしいです。あの入り組んだ複雑な話を、あれだけわかりやすくまとめてるのはすごい。前半、ストーリー上には、未完成のジグソーパズルのように穴がポコポコ空いてるんですが、後半になるとピースが次々とはまってきます。
それで、そうなるのか!!ってわかったときの感動!
そして、主人公役のアシュトン・カッチャー。すんごい正統派のイケメンですよ(*^^*)
あと子役の子もみんな演技が上手くてよかったなぁ。
時間があっという間にすっとんだ映画でした。もう自分的大ヒット!
この映画が無名なのは、はなはだ残念です。
ということで、ほんの少しでもネット上に口コミを残しておきたく、書き記してみました。

追記:結構残虐なシーンも多いのでそういうのが苦手な人にはダメかもしれないです
[PR]

by esoracotton | 2006-01-16 02:39 | 映画  

<< 久々に電子レンジパン バトン >>