ロレンツォのオイル

ロレンツォのオイルって映画ご存じでしょうか。
難病の副腎白質筋ジストロフィーに冒されてしまった息子を助けるために、
いろいろなしがらみと戦いながら、医学の知識の全くなかった両親が、研究に研究を
重ねたのち、特効薬を発明するという感動ストーリーです。
これが、実話だというところがすごい。
身体も動かない、目も見えない、痰が飲み込めず、気管に詰まって苦しむ我が子を
必死に看病する両親。
それと同時に、知識の蓄積、特効薬を作るための資金集め、協力者捜し、ふたりとも
ボロボロになりながらも、決してあきらめない。

この両親のすばらしいところは、嘆くだけ、慰め合うだけの他の患者の両親とは違い、
「愛情、知識、お金」この3つの問題をものすごい行動力で次々とクリアしていくこと。
幾ら深く、息子を愛していても、病気はなおらない。
愛だけじゃダメなんだ、と気づいたところから戦いは始まったのです。

この両親の開発した特効薬「ロレンツォのオイル」は、世界中の同じ病に苦しむ子供
たちを救い、映画の最後では、その子供たちの笑顔が次々と映し出されました。

感動する映画でした。機会があったら是非とも見てみてください^^

http://www.funfan.jp/cinemakitchen/nhk/lo.html
[PR]

by esoracotton | 2004-10-07 20:11 | 映画  

<< キディランドにて テスト書き込み >>